検索
  • Saito Shigeru

頭のよさ

吾妻から前橋高校、高崎高校等トップ校に9年連続合格者を出している齊藤塾の塾長です。




頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、何が重要なのかはその話を聞いているだけで自然に見えてくるものなのだ。 さらに、 聞いている人の方に「分かった」と感じた時の、鳥肌が立つような感動があるものなのだ。 深い話はシンプル。 話し手の話が理解できないのは、聞いているあなたの頭が悪いのではない。 話している人の頭が悪いのだ。 伝わる話をする能力がないのだ。 それだけではない。 聞いている人を煙に巻き、ある方向に人を誘導しようとしていることさえある。 こうなると厄介だ。 だから、 相手の話が分からないということは恥ずかしいことではない。 聞き手に分からせられない話をしていることの方が恥ずかしい。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勿論、日本語で

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 活字になった文字から情報を得て、考える。 これが学習の基本です。 動画や生授業の話し言葉で情報を得ることも重要ですが。 はやり、自分から主体的に活字を読みに行く。 これが学習の基本中の基本です。 そして、私達日本人は日本語で考えていますから、日本語を徹底的に鍛えておかなくてはダメです。 行きつ戻りつ、自分の日本語能力に合わせて読み進める

塾もいろいろですが

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 齊藤塾では、 齊藤塾の指導法にふさわしい、ごく限られた生徒を大切にしたいと考えています。 私の指導法で多くの生徒を伸ばしたいとは、全く考えていません。 大量の演習問題で個別に指導する塾です。 地味に、確実に、学校の成績を上げ、偏差値を上げたいと心から思う人だけを対象とします。 塾生達は皆、静かに黙々と学習しています。 和気あいあい

問題集、得な使い方、損な使い方

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 さて、 問題集を1回しかやらないのは一番損なやりかたです。 しかし、 塾に通っていない生徒の大半は、問題集の1回目も終わらずにテストに臨んでいます。 だから、最近は「ワーク提出」なる厄介なものまで始まってしまいました。 強制的にやらせるようになったのです。 普段、1回目がなかなか終わらない生徒は、たまに1回終わらせただけで、無意

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。