検索
  • Saito Shigeru

競争原理


「齊藤塾では、塾内テストで偏差値60代、70代の塾生が熾烈な戦いを演じています」

ということはありません。

塾内テストで、偏差値60以上の塾生7~8名の順位が毎回入れ替わり競争しているように私の目には見えてしまいます。でも、全体を把握している私の目だけにそう見えるのです。

実は、塾生はいったい自分の塾内順位が何位かということを知りません。発表していないのです。それどころか、中3生全体の塾生数も知らないはずです。塾内テストの時に周りを見渡して、おおよその数を想像するだけです。実数を知っているのは私だけです。(勿論、私の家族も知りません。)

何故か。

必要ないからです。

他人との競争は無意味だからです。齊藤塾の中3生が何人いて、自分がその中で何位かなどということは、勉強には全く関係ないことです。

多くの塾で、塾生どうしを競争させ、クラス分けなどもしているようですが。

「昨日の自分」よりも少しだけ賢くなること。「昨日の自分」よりも少しだけ強くなること。 それ以外、いったい何が必要でしょうか。それ以外は雑音でしかありません。

その戦いに他人との比較は無意味です。競争は雑念です。自分の努力で成果が出ても、他人がもっと上の結果を出したために順位が下がったり、自分はさぼったのに他人がもっと気を抜いたために順位が上がったり。そんなことで一喜一憂すること自体無意味です。

他人との競争で磨かれる部分があることは十分承知の上で書いています。 競争相手がいることで、油断できない厳しさも体験できます。 そんなことも分かっている。そもそも受験自体、他人との競争そのものですし。

そんなこと承知です。

昨日の自分と戦って一歩だけ前に進む。 昨日の自分よりも少しだけ何かができるようになっている。 これしか伸びる道はないのです。 切磋琢磨とはそういうことです。

他人との戦いが何故苦しいか。 それは、自分には他人を変えることができないからです。 自分ではどうすることもできないことにとらわれることは、苦しいだけで何も得るものはありません。 自分の外部にあるものに「とらわれている」状態は自由ではありません。 齊藤塾が目指す「自立」と対局にあるものです。

自分さえしっかりしていれば、確実に力がついて行きます。 見つめるべきは自分自身です。毎日自分自身を見つめて戦い続ければ、合格は向こうからやってきます。 自分だけを見つめる戦いを他の人はできないからです。

美味しい食事を出す店がない、と不満を持つ人がいます。 一方、どんな食事も美味しくいただこうとする人もいます。


常に自分を見つめて一歩一歩前に進む。その方が高みに登れるのです。気が付くとその高さに自分で驚くはずです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい