検索
  • Saito Shigeru

接触回数


吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 接触回数の話。 受験勉強していると、 「こんなに勉強しても、試験に出るのは極わずか。他の知識は受験には使わずに終わる。恐らく一生使わない」 というような、ある種の虚しさに襲われることがあります。 特に、 受験勉強をスタートしたばかりの頃はそのように感じることがあります。 「ほとんどの勉強は無駄に終わる。だって、試験に出るのはほんの一部だから」 というような感覚ですね。 「ほとんど無駄」ということは、勿論ありません。 今日は、その「無駄」という感覚が徐々にワクワク感に変わるという話をします。 それは、 接触回数の問題。 「無駄」は、一度頭に入れたことに「再び出合うことがほとんどない」ということから来る感覚です。 つまり、接触回数があまりにも少ないことから来る感覚なのです。 再び出合うことがなかった、イコール無駄だった、ということです。 これって、 要するに、勉強量の問題でしかないのです。 教科書内容はプロ達が厳選したもの。 一つも、無駄などありません。 勉強量が少ないと、頭に入れたことに出合う機会も少なくなる。 だから、無駄に「感じる」のです。 勉強したことは無意味だった、という感覚ですね。 量を増やすことで、出合う頻度も格段に上がります。 「おお!また出合えたね」という感覚。 これを2、3回繰り返した問題はもう「友達」のようなものに変化します。 距離が一気に縮まった感じ、ですね。 親しみをもって接することができる、という感覚。 「ああ、あの問題はね・・・」と語れるようになった感覚と言ってもよい。 勿論、 このワクワク感だけではなくて、記憶を「漆塗り」することで格段に定着度が増すという経験も嬉しいものです。 量質転化についてはこのブログで何度も取り上げました。 学習の量を増やしましょう。 それだけで、ワクワク感を得られ、知識に親しみを感じ、記憶を定着され、そして何よりも意欲が増しますよ。 学習量が少ないと、これらが全てマイナスに働きます。恐ろしいことです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい