検索
  • Saito Shigeru

障害を乗り越えるために考える


いつもの話。 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、ということですね。 人は、考えなければ前に進めないような状況に追い込まれて初めて考えるということをする。何も考えずに日々過ごせる人が哲学的思考をすることなどあり得ないということなのかもしれません。 まあ、そうかもしれませんね。それほど人は怠惰なのでしょう。必要のないことはなるべくやらない。何らかの困った状況に追い詰められて、初めて頭を使い始める。何とか頭を使って乗り切ろうとする。考えなければ前に進めなくなって、やっと考えだす。 そう考えると、先人達が膨大な思考の遺産を残してくれているということは、それだけ先人達が様々な障害に出合って、その時々に思考せざるをえなかった。そんなな状況に追い込まれて、苦しみながら思考してきたということに違いありません。 受験も一つの障害ともいえます。 どうしても乗り越えなければならない。受験では様々なことを考える必要に迫られます。 深く考えるチャンスをもらったとも言えますね。 景気も簡単には上向かないようです。 大人も子供も考えるチャンスです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習真っ只中。 塾生達はヘトヘトになるまで自分と戦っています。 教える側も教わる側も真剣勝負。 双方疲れますが、気持ちよい疲れです。 脳ミソが筋肉痛。 これが気持ちよい。 私が一番やりたかった仕事でもあります。 さて、勉強は泥臭いという話。 電子辞書にしろ、スマホやPCによる検索にしろ、以前では考えられないほどのスピード感で私達の学習効率を高めてくれます。 ある意味、夢の

思春期になると悩みの量も質も変わってくる。 書物はその悩みに寄り添ってくれる数少ないツールだ。 書物はカウンセラーではないから、ストレートに悩みを受け止めてはくれない。そもそも書物は私のために書かれたものではない。だから、私の求めていることを微妙に外しながら書かれていたりする。だから、イライラもする。 そこが良い。 書いた人の都合で世に出た書物。 でも、それがなぜか掛け替えのない一冊になる

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、