検索
  • Saito Shigeru

退屈のその向こう


漢字練習や英単語の暗記、計算練習などはなんとも退屈な作業だ。

小学校低学年ならいざ知らず、思春期以降の人にとっては、知的刺激の足りない「作業」にしか感じられないものだろう。どうしてこんなことをやれねばならないのか。もっと、ワクワクすることをやりたいのに。そういう不満を持つ人も少なくないだろう。

その気持ちは良く分かる。

私も通って来た道だから。

このような不満を持つ人が気づいていなこと。それは、反復練習にはその先があるということ。

つまり、反復練習はそれだけでは終わらないということだ。

漢字も英単語も計算も、それだけ完結してしまったらなんとも味気ない。

これらは、避けては通れない通過点なのだ。ワクワクする学習につながる土台部分だと言ってもよい。

この通過点を通らずに「ワクワク」だけを享受することは不可能だ。勉強ってそんな甘いもんじゃない。

この土台部分なしで、ワクワクだけを構築することも不可能なのだ。ものには順序というものがある。

大人なら皆知っていること。

だから「どうして、こんな単純作業を・・・」と不満を持つヒマがあったら「エイヤァー!」との勢いでこの作業の過程を突き抜けて欲しい。そして、次のステージでワクワクを十二分に享受してもらいたい。

昔ながらの職人の修業時代なんて、こういうことが当たり前だった。

修業で課されることのひとつひとつの意味なんて、説明されなかった。


もう、そういう時代ではない。

しかし、何かを身につけるための物事の順序が変ってしまう筈はない。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい