検索
  • Saito Shigeru

退屈のその向こう


漢字練習や英単語の暗記、計算練習などはなんとも退屈な作業だ。

小学校低学年ならいざ知らず、思春期以降の人にとっては、知的刺激の足りない「作業」にしか感じられないものだろう。どうしてこんなことをやれねばならないのか。もっと、ワクワクすることをやりたいのに。そういう不満を持つ人も少なくないだろう。

その気持ちは良く分かる。

私も通って来た道だから。

このような不満を持つ人が気づいていなこと。それは、反復練習にはその先があるということ。

つまり、反復練習はそれだけでは終わらないということだ。

漢字も英単語も計算も、それだけ完結してしまったらなんとも味気ない。

これらは、避けては通れない通過点なのだ。ワクワクする学習につながる土台部分だと言ってもよい。

この通過点を通らずに「ワクワク」だけを享受することは不可能だ。勉強ってそんな甘いもんじゃない。

この土台部分なしで、ワクワクだけを構築することも不可能なのだ。ものには順序というものがある。

大人なら皆知っていること。

だから「どうして、こんな単純作業を・・・」と不満を持つヒマがあったら「エイヤァー!」との勢いでこの作業の過程を突き抜けて欲しい。そして、次のステージでワクワクを十二分に享受してもらいたい。

昔ながらの職人の修業時代なんて、こういうことが当たり前だった。

修業で課されることのひとつひとつの意味なんて、説明されなかった。


もう、そういう時代ではない。

しかし、何かを身につけるための物事の順序が変ってしまう筈はない。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

手間がかかる

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 実力テスト結果の報告がありました。 ついに、 学年1位! 分厚い優秀層の中でついにトップをとりました。 夏期講習の成果ですね。 さて 勉強は孤独にやるものです。 勉強という作業の大半は自分自身と向き合うことでなされます。 だから、孤独な作業なのです。 自分自身との対話は日本語でなされます。 日本人の場合には必然的

学習の幅

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 学習の幅を広げられることも、個別演習型学習塾ならではの特徴です。 導入部分は極力学校に任せて塾では演習時間を多くとる。 さらに、教科書の範囲を逸脱してはいないのだが、初見では戸惑うような問題の演習量を増やす。 そんなことに気を配りながら日々の指導に当たっています。 あくまでも、入試問題を意識しながらの指導です。余談や雑談をしてし

必要かつ十分

本日通塾初日の塾生も必死に自らと戦って行きました。 自分自身を見つける塾ですからね。 それしか伸びる道はない。 そのことに如何に早く気付くか、です。 実力テスト結果の報告もありました。 学年6位。 学年平均の高い中で頑張りましたね。 更に上げて行きましょう。 トップ高校在籍の塾生。 模試で某国立大医学部の合格判定A評価。 なかなか順調ですね。 この調子です。 さて、 教科書でお馴