検索
  • Saito Shigeru

退屈のその向こう


漢字練習や英単語の暗記、計算練習などはなんとも退屈な作業だ。

小学校低学年ならいざ知らず、思春期以降の人にとっては、知的刺激の足りない「作業」にしか感じられないものだろう。どうしてこんなことをやれねばならないのか。もっと、ワクワクすることをやりたいのに。そういう不満を持つ人も少なくないだろう。

その気持ちは良く分かる。

私も通って来た道だから。

このような不満を持つ人が気づいていなこと。それは、反復練習にはその先があるということ。

つまり、反復練習はそれだけでは終わらないということだ。

漢字も英単語も計算も、それだけ完結してしまったらなんとも味気ない。

これらは、避けては通れない通過点なのだ。ワクワクする学習につながる土台部分だと言ってもよい。

この通過点を通らずに「ワクワク」だけを享受することは不可能だ。勉強ってそんな甘いもんじゃない。

この土台部分なしで、ワクワクだけを構築することも不可能なのだ。ものには順序というものがある。

大人なら皆知っていること。

だから「どうして、こんな単純作業を・・・」と不満を持つヒマがあったら「エイヤァー!」との勢いでこの作業の過程を突き抜けて欲しい。そして、次のステージでワクワクを十二分に享受してもらいたい。

昔ながらの職人の修業時代なんて、こういうことが当たり前だった。

修業で課されることのひとつひとつの意味なんて、説明されなかった。


もう、そういう時代ではない。

しかし、何かを身につけるための物事の順序が変ってしまう筈はない。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勉強だけしていれば・・・

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日は中3生に第1回塾内テストを実施しました。 各中学校の実力テストもあります。 東吾妻中と長野原東中は12日、嬬恋中は14日に実施されます。 中之条中は30日に実施済ですね。 今回の実力テストで、塾生達が良い結果を出すのは当たり前だと考えています。 春休みからここまで十分に時間をかけて準備してきました。 基本的な事項も疎かにせず、ト

反応

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日通塾初日の塾生2名。 初日ですが、長時間学習で自分と戦って帰りました。 受験学年はもうすぐ満席となります。 さて、 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。