検索
  • Saito Shigeru

論理は日本語で

吾妻から前橋高校、高崎高校等トップ校に9年連続合格者を出している齊藤塾の塾長です。 さて、 今日は論理の話。 私達日本人は日本語で考えていますから、日本語を徹底的に鍛えておかなくてはダメです。 行きつ戻りつ、自分の日本語能力に合わせて読み進める。そして、考える。 私達の体の外から入って来たものは皆異物です。 食物であろうと、ウィルスであろうと、そして文字情報であろうと同じ。 それを私達は一旦取り込んで「処理」します。 文字情報の場合には、自分の理解力を駆使して、何とか取り込んでみます。このときに、今までの自分を構成していたもの達が違和感を感じたり、拒否反応を示したりします。自分の言葉で「翻訳」しなから何とか理解しようとするのですが、うまく行かなかったりして、ちょっと「苦しい」のですね。それと、新しい概念に出合い、馴染めない感覚に襲われて「宙ぶらりん」の気持ち悪い状態に陥ったりします。この時にどれくらい頑張れるかが勝負だと思っています。 苦しかったり、宙ぶらりんで気持ち悪かったりする。 ここで頑張る。 何を頑張るか。 理解しようと頑張る。論理を再構成しようと頑張る。考える。 考えるための道具は? 勿論、日本語です。 徹底的に論理を鍛えておくこと。 それは母国語で行われる。 それしかありません。 外から入ってきたものを、自分の言葉に翻訳しなおして理解する。鵜呑みではなくて、咀嚼する。 こんな作業の繰り返しで頭は鍛えられるし、新しい学習項目に挑戦する勇気も湧いてきます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年1桁順位に!

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 今日は、 過去に高崎経済大学附属高校普通科に合格したSさんの合格体験記の紹介です。 高崎経済大学附属高校合格体験記・・・反復演習の積み重ねで学年1桁順位に突入! 「私が経附に合格できたのは、やはり齊藤塾での大量のプリントの反復や、過去問の演習、塾長の分かりやすく詳しい指導があったからだと思います。 3年生になり、受験を意識してい

生活習慣病

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 公立高校後期試験の倍率は忘れて良いレベルです。 が、多少は上がると仮定して学習を進めるべきです。 受験では何があってもうろたえない準備が求められますので。 さて、 学力低下と生活習慣病は同じです。 生活習慣病を薬で治すことは困難です。 生活習慣病を治すには、生活習慣を改善するしかありません。普段の生活が作った病気なのですから、生活

勿論、日本語で

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 活字になった文字から情報を得て、考える。 これが学習の基本です。 動画や生授業の話し言葉で情報を得ることも重要ですが。 はやり、自分から主体的に活字を読みに行く。 これが学習の基本中の基本です。 そして、私達日本人は日本語で考えていますから、日本語を徹底的に鍛えておかなくてはダメです。 行きつ戻りつ、自分の日本語能力に合わせて読み進める

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。