検索
  • Saito Shigeru

落ち込んでいる暇があったら反復


「自分はやはり勉強には向いていないのかもしれない。だって、この前覚えたはずのことをほとんど忘れてしまっている。一度できるようになったこともできなくなっているし」

こんな風に落ち込んでいる人は、単純に反復が足りないだけなんですよ。 物理的な回数です。 質とかではなくて、単なる回数。

落ち込んでいる暇があたら、腹が立つほどの反復を。

忘れたらまた覚える。 また忘れたらまた覚える。 それだけのことです。

ところが、多くの人は今のやり方ではダメだと思い、何か別の道を探し始める。 そして多くの人は「今より要領よく、ラクな道」を追い求める。

結局、ラクな道はないという事実を思い知る。 多くの時間とエネルギーを余分に使って。 時間とエネルギーの無駄です。

ラクな道を追い求めた報いだ、というのは酷だが。 遠回りしている時間があったら反復すればよいのに。

このようなことを教えるのも指導者の大切な仕事ですね。

要領の良い解き方、要領の良い学習法。 これを最初から教えてしまうと、自分で考えたり模索したりできない人になります。 結果、教えたはすの「要領の良い解き方」さえも身につかない。 指導は「注入」ではない、といういつもの話。

自分で手を動かし、のたうち回り、自分の足で歩いて道に迷ってみる。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勉強だけしていれば・・・

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日は中3生に第1回塾内テストを実施しました。 各中学校の実力テストもあります。 東吾妻中と長野原東中は12日、嬬恋中は14日に実施されます。 中之条中は30日に実施済ですね。 今回の実力テストで、塾生達が良い結果を出すのは当たり前だと考えています。 春休みからここまで十分に時間をかけて準備してきました。 基本的な事項も疎かにせず、ト

反応

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日通塾初日の塾生2名。 初日ですが、長時間学習で自分と戦って帰りました。 受験学年はもうすぐ満席となります。 さて、 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。