検索
  • Saito Shigeru

自ら気づくことへの期待


「教えるのはたやすい。気づかせるのには苦労する」 教えてしまえば、とりあえずは到達したように見える。 一見、できるようになったかに見える。 生徒にも指導者にも。 でも、定着はしていない。 自分の頭で考えていないから。 自ら獲得した理解ではないから。 だから、次回同じような問題に直面した時に、同じように立ち止まってしまう。 そして、前回と同じように指導者の助けを求める。 自分で到達したものしか本物にはならない。 たとえ教えてもらったものでも、もう一度自分の力で到達してみることが大切。 指導者の仕事は気づかせること。 生徒が自分で動き、気づくことの道筋を作ってやること。 あくまでも手を使い、頭を使い、動くのは生徒。 自分自身で気づき、自分の足で到達したものだけが本物だ。 自らの経験は印象が強く、情報量が豊富なのだ。 「生きている実感」に裏打ちされた学習と言っても大げさではない。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい