検索
  • Saito Shigeru

筋肉と同じ


筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。 壊れた筋肉は一晩寝ただけでだいぶ回復する。 一方、心は全く回復しなかったり、傷がより深くなっていたりする。 それでもやはり、傷つくのを恐れていては強い心は作れないと思う。 自分から飛び込むのも勇気がいる。 だから、 どうにも逃げられない状況で傷ついてしまったとき。 心を鍛えるチャンス到来、と考えては如何だろう

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習真っ只中。 塾生達はヘトヘトになるまで自分と戦っています。 教える側も教わる側も真剣勝負。 双方疲れますが、気持ちよい疲れです。 脳ミソが筋肉痛。 これが気持ちよい。 私が一番やりたかった仕事でもあります。 さて、勉強は泥臭いという話。 電子辞書にしろ、スマホやPCによる検索にしろ、以前では考えられないほどのスピード感で私達の学習効率を高めてくれます。 ある意味、夢の

いつもの話。 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、ということですね。 人は、考えなければ前に進めないような状況に追い込まれて初めて考えるということをする。何も考えずに日々過ごせる人が哲学的思考をすることなどあり得ないとい

思春期になると悩みの量も質も変わってくる。 書物はその悩みに寄り添ってくれる数少ないツールだ。 書物はカウンセラーではないから、ストレートに悩みを受け止めてはくれない。そもそも書物は私のために書かれたものではない。だから、私の求めていることを微妙に外しながら書かれていたりする。だから、イライラもする。 そこが良い。 書いた人の都合で世に出た書物。 でも、それがなぜか掛け替えのない一冊になる