検索
  • Saito Shigeru

生活習慣病


吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 公立高校後期試験の倍率は忘れて良いレベルです。 が、多少は上がると仮定して学習を進めるべきです。 受験では何があってもうろたえない準備が求められますので。 さて、 学力低下と生活習慣病は同じです。 生活習慣病を薬で治すことは困難です。 生活習慣病を治すには、生活習慣を改善するしかありません。普段の生活が作った病気なのですから、生活を見直すことでしか治す道はないのです。 つまり簡単ではない、ということ。 勿論、ひとつひとつの改善点はそれほど大きな苦痛を伴うものではありません。 早寝早起き。食事の改善。運動の習慣。 などなど。 ただ、簡単には習慣を変えられないのが人間。 勉強もまったく同じ。 授業の復習を習慣づける。ワークを解き進む。反復学習に努める。英単語や漢字練習は授業進度に合わせて進める。 どれひとつとっても、大きな苦痛を伴うものではありません。 しかし、これらひとつひとつを「習慣的に」「確実に」実行している人とそうでない人の差は歴然です。 これが、毎日毎日、何年にも渡るとなると、逆転は絶対に不可能なほどの差となるのです。 勉強は「苦しい」と「面倒くさい」の中間くらい。 やってできないことではない。 それをやるかやらないか。習慣づけるか否か。 それがとんでもない差となって表れます。 生活習慣病は死に結びつく病気への入り口になりかねません。 健康か死か。 日々の学習習慣の違いは人生を大きく左右します。 満足ゆく進学か不本意な道か。 改善するための方法。 それは、とってもとっても小さなことを「必ず」「毎日」実行すると決断すること。 やるかやらないか。 ゼロかゼロではないか。 大きな違いとなってきます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。

オンリーワンを目指す前にすべきこと

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 国立大学後期試験合格の報告を受けました。 最後に結果を出してくれました。アッパレです。 それと、 学校実力テストで、 458点 の報告もありました。 努力の人は結果を出します。 さて、今日は、 自己実現もよいでしょう。 自分探しもよいでしょう。 でもね、 その前にすべきことがあるのです。 オンリーワンを目指

逃げるから嫌いになる

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 公立高校後期試験1日目終了。 2日目も頑張りましょう。 長かった受験勉強の総仕上げですから。 今日は、 「逃げるから嫌いになる」 という話。 嫌いな教科でも、苦手な分野でも取り組まなければならないのが勉強ですね。 嫌いな教科や苦手分野。 これらから逃げれば逃げるほど嫌いになります。 逃げ続けているとモンスターのように巨大化

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。