検索
  • Saito Shigeru

甘いトマト


甘いトマトをつくる方法をご存知ですか? 肥料を増やすことではない。 品種改良することでもない。 遺伝子を組み替えることでもない。 農薬を増やすことでも、減らすことでもない。 それは、 石ころだらけの土壌に植えること。 そして、水も必要最小限にすること。 そうすると、トマトは甘くなる。 これは、多くの農業者は経験的に知っていることなのですが。 私自身の経験。 もう昔のことですが、石ころだらけの荒れ地に一本のミニトマトの木が生えているのを見つけました。 おそらく、鳥が種を運んできて自然に生えたものなのでしょう。 その茎はもうツルのようになって地べたを這いまわっている状態。 ところが、 実っていたミニトマトの実を食べてみて、私は驚愕しました。 それまで、一度も食べて事のないほどの甘さ。 ・・・・ 厳しい環境でこそ美味しい作物は育つ。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい