検索
  • Saito Shigeru

甘いトマト


甘いトマトをつくる方法をご存知ですか? 肥料を増やすことではない。 品種改良することでもない。 遺伝子を組み替えることでもない。 農薬を増やすことでも、減らすことでもない。 それは、 石ころだらけの土壌に植えること。 そして、水も必要最小限にすること。 そうすると、トマトは甘くなる。 これは、多くの農業者は経験的に知っていることなのですが。 私自身の経験。 もう昔のことですが、石ころだらけの荒れ地に一本のミニトマトの木が生えているのを見つけました。 おそらく、鳥が種を運んできて自然に生えたものなのでしょう。 その茎はもうツルのようになって地べたを這いまわっている状態。 ところが、 実っていたミニトマトの実を食べてみて、私は驚愕しました。 それまで、一度も食べて事のないほどの甘さ。 ・・・・ 厳しい環境でこそ美味しい作物は育つ。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勉強だけしていれば・・・

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日は中3生に第1回塾内テストを実施しました。 各中学校の実力テストもあります。 東吾妻中と長野原東中は12日、嬬恋中は14日に実施されます。 中之条中は30日に実施済ですね。 今回の実力テストで、塾生達が良い結果を出すのは当たり前だと考えています。 春休みからここまで十分に時間をかけて準備してきました。 基本的な事項も疎かにせず、ト

反応

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日通塾初日の塾生2名。 初日ですが、長時間学習で自分と戦って帰りました。 受験学年はもうすぐ満席となります。 さて、 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。