検索
  • Saito Shigeru

新型コロナとの戦いは戦争と同じ


私は、自分の人生で戦争を経験することはない、と勝手に思っていました。 震災と原発事故を目の当たりにして、それが根拠のない思い込みだと気づきました。 そして、今回の新型コロナとの戦い。 これは、戦争と同じです。 「マジでヤバいんだよ」 と表現すれば若い人には伝わるでしょうか。 約100年前のスペイン風邪以来の最大の感染危機がもうそこまでやってきているかもしれません。 自分の身近に感染者がいないって? 見える所に感染者が出たら、もう感染爆発が止められなくなるでしょう。 100年前と同じことが起きつつある、 ということは、今生きている人の大半には未経験のことなのです。 勿論、私にも。 「これは本当の危機だ!」 と感覚的に分かった時には、もう遅い。 泣くしかない。祈るしかない。 そういうこともあるのです。 旅行もしたい、花見もしたい、コンサートにも行きたい。 いや、もうそんなレベルの話はとっくに過ぎていますよ。 部活も大事、勉強も大事、学校見学も大事。 暫く、その話も難しい。 残念ながら。 最優先は何か。 後で、臆病だと笑われても良いので、生き延びること。 今までの私達の生活自体が反省を迫られている、とも言えます。 そんなこと言ったら、何もできないじゃないかって? そんなことはない! どこにいても1日は24時間です。 時間が減るわけではないのです。 今の時間をどう有効に使うのか。 こういう時こそ、ひとりひとりの姿勢が問われる。 コロナがあっても無くても、1日の長さは同じです。 私達の日々の姿勢が問われている。 コロナにぶん殴られたんだから、目が覚めなきゃ。 武漢で感染が広がっていた時、ヨーロッパ人達はまるで他人事でした。 2か月後に身近な人の葬儀になるなんて誰も考えもしなかった。 恐いことです。 人類はその歴史の中で、何度も経験してきたことですが。 そう言えば、 第1次世界大戦が始まった時も、戦地に赴く男たちは 「この戦争は1週間で終わるから、すぐに帰ってくるよ」 と言って出かけていったということです。 外出はできるだけ控えたいものです。 慣れない「我慢」のトレーニングだと思って。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勉強だけしていれば・・・

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日は中3生に第1回塾内テストを実施しました。 各中学校の実力テストもあります。 東吾妻中と長野原東中は12日、嬬恋中は14日に実施されます。 中之条中は30日に実施済ですね。 今回の実力テストで、塾生達が良い結果を出すのは当たり前だと考えています。 春休みからここまで十分に時間をかけて準備してきました。 基本的な事項も疎かにせず、ト

反応

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日通塾初日の塾生2名。 初日ですが、長時間学習で自分と戦って帰りました。 受験学年はもうすぐ満席となります。 さて、 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。