検索
  • Saito Shigeru

思考の原点

大半の学習行為は「考える」ということが主となります。

日本人は日本語で考えています。

ということは、日本人が考えるという行為を豊かに行うには、日本語が十分に使えるようになることが必須となります。日本語の論理構造把握から漢字等の知識に至るまで、土台固めとなるトレーニングが欠かせないのです。

では、その土台固めのトレーニングはどのように行ったらよいのか。

家庭、幼稚園、保育園または小学校低学年時の「読み聞かせ」がベースとなります。

読み聞かせの土台があって、初めて自分で読む、そして考えるという行為が可能になるのです。

読み聞かせの部分は、ITもシステムも及びません。

「人」がやるしかない。私はそう考えます。

だから、どうしても手間がかかるのです。

決してこの手間を惜しんではいけない。

だって、人の一生がかかっているのですから。

日本人がものを考えるその土台作り。

決して手を抜くことのないようにしたいものですね。

一日一日の小さな積み重ね。

豊かな時間の積み重ね。

まあ、優先順位の問題でもありますよ。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

学年1桁順位に!

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 今日は、 過去に高崎経済大学附属高校普通科に合格したSさんの合格体験記の紹介です。 高崎経済大学附属高校合格体験記・・・反復演習の積み重ねで学年1桁順位に突入! 「私が経附に合格できたのは、やはり齊藤塾での大量のプリントの反復や、過去問の演習、塾長の分かりやすく詳しい指導があったからだと思います。 3年生になり、受験を意識してい

生活習慣病

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 公立高校後期試験の倍率は忘れて良いレベルです。 が、多少は上がると仮定して学習を進めるべきです。 受験では何があってもうろたえない準備が求められますので。 さて、 学力低下と生活習慣病は同じです。 生活習慣病を薬で治すことは困難です。 生活習慣病を治すには、生活習慣を改善するしかありません。普段の生活が作った病気なのですから、生活

勿論、日本語で

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 活字になった文字から情報を得て、考える。 これが学習の基本です。 動画や生授業の話し言葉で情報を得ることも重要ですが。 はやり、自分から主体的に活字を読みに行く。 これが学習の基本中の基本です。 そして、私達日本人は日本語で考えていますから、日本語を徹底的に鍛えておかなくてはダメです。 行きつ戻りつ、自分の日本語能力に合わせて読み進める

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。