検索
  • Saito Shigeru

応用問題が解ける条件づくり


応用問題を解くためには、基本問題を見た時に「考えなくても解ける」くらいのレベルに達している必要があります。問題を見て、自然に手が動いてしまうレベル。そこまで到達している人だけに、初めて応用問題を解くための「挑戦権」が与えられます。

基本問題が解けたり解けなかったりしているレベルの人は、応用問題に手をつける資格は全くありません。そもそも、応用問題に対して失礼です。この「失礼レベル」としては、問題の解答解説を読んでもピンとこない人がそれにあたります。解答解説を読んで、腹が立ったり、感動したりできる人はとりあえず「失礼レベル」は脱していますね。

物事には順序があります。

順序通りにやらないと、人生の貴重な時間を大量に無駄遣いすることになります。「できる人」は最初からそんなことは分かっています。言われて初めて分かる人も何とか希望が持てます。言われても、頑なに逆の順序で学習している人は気の遠くなるほどの遠回りに陥ります。怖いのは、遠回りを始めると意地でもその道を進もうとする人がいることです。これは本当に怖い。「後戻りする勇気」のある人はむしろ称えたいところなのですが。若者には失敗する時間もやり直すエネルギーも十分にあるのですから。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 3.10は東京大空襲。 3.11は東日本大震災。 ウクライナ危機は現在進行中。 3月は悲しい。 では、 頭の良い人の話には特徴がある。 それは、シンプルかつ分かりやすいということ。 だから、 「あの人は頭が良過ぎて、説明が難しくて、私には理解できない」 ということ自体本来あり得ないのだ。 ポイントを押さえている話にはメリハリがある。 従って、

筋肉は傷めつけて鍛える。 一度壊されて、修復するときに壊れる以前よりも強くなって再生されるから。 心も同じ。 壊されて、再生するときに強い心ができる。 傷つかないように、と守り続けていては、いつまでたっても強い心は作れない。 勿論、私の仮説だ。 仮説とはいえ、かなり自信がある。 ここで、厄介な問題が発生する。 筋肉は時間とともに確実に再生されてゆくが、心はそうではないという問題だ。

「どのような時に創作意欲が湧くか」という問いに、ある作家と詩人とが偶然同じ答えになり盛り上がっていた。 先日のラジオの番組でのこと。 その答えとは、「原稿の締め切り日直前」だと。 おいおい、何とも作家先生たちに対する憧れを打ち砕くに十分な答えではないか。 現実的過ぎる答え。作家先生たちの「日常」までが垣間見えてしまいかねない夢のない話。 でも、これこそが正直な答えであり、なおかつ創作とい