検索
  • Saito Shigeru

問題集、得な使い方、損な使い方

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 さて、 問題集を1回しかやらないのは一番損なやりかたです。 しかし、 塾に通っていない生徒の大半は、問題集の1回目も終わらずにテストに臨んでいます。 だから、最近は「ワーク提出」なる厄介なものまで始まってしまいました。 強制的にやらせるようになったのです。 普段、1回目がなかなか終わらない生徒は、たまに1回終わらせただけで、無意味な達成感に浸ります。 本当は1回目なんて、挨拶程度なのに。 2回目で、いくらか楽しくなる。 3回目で、手が自然に動くようになる。 4回目以降になると「こんな問題、誰だって解けるじゃん」って腹が立ってくる。 勉強ってこのようにやるものなんです。 知らない人がいるから、今ここに書いています。 でも、 優秀な生徒は、、このことを何故か「最初から」知っているのです。 勉強は、何度も反復して自分のものになる。1回やっただけではほとんど身につかない。 1回だけしかやらないのは、一番損なやりかた。 そういう事実を優秀な生徒は「最初から」知っている。だから、優秀なんですね。 だから、優秀な生徒は努力を積み重ねるのになんのためらいもないのですね。 1回やっただけで、学習が身につかないからといって「ああ、なんてオレはバカなんだ」などと嘆く人は、勉強とは反復のことを言うという事実を知らないのです。 自立型学習塾は、反復学習によってなるほど結果が出る、ということを体感してもらう場です。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。

オンリーワンを目指す前にすべきこと

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 国立大学後期試験合格の報告を受けました。 最後に結果を出してくれました。アッパレです。 それと、 学校実力テストで、 458点 の報告もありました。 努力の人は結果を出します。 さて、今日は、 自己実現もよいでしょう。 自分探しもよいでしょう。 でもね、 その前にすべきことがあるのです。 オンリーワンを目指

逃げるから嫌いになる

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 公立高校後期試験1日目終了。 2日目も頑張りましょう。 長かった受験勉強の総仕上げですから。 今日は、 「逃げるから嫌いになる」 という話。 嫌いな教科でも、苦手な分野でも取り組まなければならないのが勉強ですね。 嫌いな教科や苦手分野。 これらから逃げれば逃げるほど嫌いになります。 逃げ続けているとモンスターのように巨大化

©2019 by 齊藤塾。Wix.com で作成されました。