検索
  • Saito Shigeru

いつものピーマンの話


吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 いつもの、ピーマンの話です。 ピーマンが嫌いな子がいたとする。 全く食べようとしない。嫌だ嫌だを繰り返すばかり。 これを容認してはダメ。 じゃあどうするか。 ひとかけらだけ食べさせる。 ほんのひとかけらでよい。 味なんか分からなくくらいのひとかけらでもよい。 それさえも食べないと言い張ったらどうするか。 一切食事を与えなければ良い。 泣いてもわめいても毅然とした態度をとる。 それが正しい大人だ。 ひとかけらも食べないというのは、単なるワガママでしかない。 好みの問題を超えているのだ。 ワガママを許してはいけない。 何故か。 それがワガママだからだ。 でも実際は、ひとかけらでも食べようとしない、という子はあまりいない。 体に良いとかなんとか言って、大人が食べて見せれば顔を歪めながらでも食べるものだ。 特定の野菜には、その野菜にしか含まれない栄養素がある。 だから、食べねばならない。 しかし、大量に食べる必要はないのだ。 特定のミネラルは少量で十分だったりする。 ゼロではダメだ。 ゼロかゼロではないか。 それは大問題なのだ。 英語に any  という単語がある。 これは、数学でいう原点0の付近、つまりゼロかゼロではないかのせめぎ合いのことを言うが、なかなか日本語では説明しにくい。だから、否定文と疑問文ではsomeはanyに変化する、などという変な説明で間に合わせる人が多い。この単語の本質からはかなりずれていると思うが。 嫌いなものでもゼロにはしない。 勉強でも同じだ。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

手間がかかる

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 実力テスト結果の報告がありました。 ついに、 学年1位! 分厚い優秀層の中でついにトップをとりました。 夏期講習の成果ですね。 さて 勉強は孤独にやるものです。 勉強という作業の大半は自分自身と向き合うことでなされます。 だから、孤独な作業なのです。 自分自身との対話は日本語でなされます。 日本人の場合には必然的

学習の幅

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 学習の幅を広げられることも、個別演習型学習塾ならではの特徴です。 導入部分は極力学校に任せて塾では演習時間を多くとる。 さらに、教科書の範囲を逸脱してはいないのだが、初見では戸惑うような問題の演習量を増やす。 そんなことに気を配りながら日々の指導に当たっています。 あくまでも、入試問題を意識しながらの指導です。余談や雑談をしてし

必要かつ十分

本日通塾初日の塾生も必死に自らと戦って行きました。 自分自身を見つける塾ですからね。 それしか伸びる道はない。 そのことに如何に早く気付くか、です。 実力テスト結果の報告もありました。 学年6位。 学年平均の高い中で頑張りましたね。 更に上げて行きましょう。 トップ高校在籍の塾生。 模試で某国立大医学部の合格判定A評価。 なかなか順調ですね。 この調子です。 さて、 教科書でお馴