検索
  • Saito Shigeru

「質問力」

質問できるというのは大変な能力です。

「分かっていない人」は質問できません。

質問するためには、自分が理解している部分と理解できていない部分の仕分けが前提となります。相手に質問内容を明確に伝えるには、まず自分自身がその質問事項の周辺部分について十分に把握しておかねばなりません。

そもそも何を質問したいのか曖昧な人や、質問しているうちに勝手に持論を展開してしまう人など、大人でも時々いますよね。討論番組などで、司会者に「早く質問の方をしてください」と注意される人。「分かってない人」の質問は質問にはなりません。

「勇気のない人」は質問できません。

質問するにはそれなりの勇気が求められます。黙っていれば、通り過ぎる時間。静かに「受け手」だけやっていれば楽ができる場面。そこで敢えて、周りの注目を浴びるのを覚悟して質問するのです。知りたいという欲求が、恥ずかしさを乗り越えるのに時間のかかる人も少なくありません。

「こんな質問は恥ずかしい」とか「自分以外皆分かっていることかもしれない」などと躊躇しているうちにチャンスを失う。二度と訪れることのないチャンスだったかもしれないのに。

一人の鋭い質問のお蔭で、その場に居合わせた多くの人が貴重な情報を得られたリ、予想外の刺激をもらったりするものです。

豊かな質問が飛び交う学びの場。

ワクワクする刺激的な場。

学びの原点は対話です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

手間がかかる

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 実力テスト結果の報告がありました。 ついに、 学年1位! 分厚い優秀層の中でついにトップをとりました。 夏期講習の成果ですね。 さて 勉強は孤独にやるものです。 勉強という作業の大半は自分自身と向き合うことでなされます。 だから、孤独な作業なのです。 自分自身との対話は日本語でなされます。 日本人の場合には必然的

学習の幅

吾妻から前橋女子高校、高崎女子高校に合格させている齊藤塾です。 学習の幅を広げられることも、個別演習型学習塾ならではの特徴です。 導入部分は極力学校に任せて塾では演習時間を多くとる。 さらに、教科書の範囲を逸脱してはいないのだが、初見では戸惑うような問題の演習量を増やす。 そんなことに気を配りながら日々の指導に当たっています。 あくまでも、入試問題を意識しながらの指導です。余談や雑談をしてし

必要かつ十分

本日通塾初日の塾生も必死に自らと戦って行きました。 自分自身を見つける塾ですからね。 それしか伸びる道はない。 そのことに如何に早く気付くか、です。 実力テスト結果の報告もありました。 学年6位。 学年平均の高い中で頑張りましたね。 更に上げて行きましょう。 トップ高校在籍の塾生。 模試で某国立大医学部の合格判定A評価。 なかなか順調ですね。 この調子です。 さて、 教科書でお馴