検索
  • Saito Shigeru

「終息後」を考えるよりまずは今を充実させる


吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 「新型コロナ終息後」を見据えて、今から様々に準備している人も多いようです。 1年後、2年後、3年後の計画を立てている人がいるのも良くわかります。 でも、私は まずは、今を充実させることに全力を注ぎたいと考えています。 「コロナ後」は「コロナ以前」には戻らない、とは多くの人の言っていること。 全くその通りだと思います。 得たもの、失ったもの、様々だから。 1年以上も以前とは異なる生活を続けることで、もう元には戻れない。 齊藤塾はどうするか。 私は、 コロナ以前よりも更に塾生数を絞ることを考えています。 人数を徹底的に絞る。 レベルを更に上げる。 少数精鋭! そんな風に考えています。 コロナ禍に見舞われて気づいたこと。 コロナのお蔭で気づかせてもらったこと。 それは、 コロナ以前が如何に幸せだったか、ということ。 そしてその幸せに気づけていなかった、ということ。 コロナ以前の私達が以如何に「ワガママ」で自分勝手だったか、ということ。 如何に、どーでも良いことに拘り、振り回されていたか、ということ。 「当時普通の生活」の幸せ度に気づけなかったということ。 失って初めてその有難みに気づく。 塾人の幸せ。 限られた塾生を鍛えることに集中する。 そこから、様々な新しい気づきがあるはず。 今まで以上に豊かが塾人生活が見えて来るはず。 ワクワクします。 まずは座席数を減らし、パーティションを設置。 コロナ対策をレベルアップするだけでなく、学習環境をゆったりとしてものに変えます。 環境はゆったりと余裕。 そこで徹底的に自分と戦う塾。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

勉強だけしていれば・・・

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日は中3生に第1回塾内テストを実施しました。 各中学校の実力テストもあります。 東吾妻中と長野原東中は12日、嬬恋中は14日に実施されます。 中之条中は30日に実施済ですね。 今回の実力テストで、塾生達が良い結果を出すのは当たり前だと考えています。 春休みからここまで十分に時間をかけて準備してきました。 基本的な事項も疎かにせず、ト

反応

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 昨日通塾初日の塾生2名。 初日ですが、長時間学習で自分と戦って帰りました。 受験学年はもうすぐ満席となります。 さて、 哲学者の谷川徹三さんによると、「考える」ということの原初的形態は「我々が生活の中で何らかの障害に出合って、我々の意志が阻まれる場合、それに反応する一つの仕方」なのだと。 障害に出合わなければ考える必要もない、

偏差値を上げることのみ考える

吾妻から前橋高校、高崎高校に合格させている齊藤塾です。 本日、通塾初日の塾生達も長時間のプリント学習に耐えました。 初めて感じる充実感なのでしょう。 良い顔をして退室してゆきましたね。 さて、 偏差値を上げれば志望校に合格できます。 塾の仕事は塾生の偏差値を上げ、学校の通知表を上げ、志望校に合格させることです。特に受験生の偏差値をいかに上げるか、塾の指導者は毎日そればかり考えています。